浅草スマイル,トップ
浅草スマイル,スマホトップ

デジタル配信

Introduction

第1回未完成映画予告編大賞 MI-CAN 堤幸彦賞 受賞作品

星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN 正式出品作品

浅草スマイルのツッコミ担当・夫マルオを演じるのは、『恋人たち』(15)で第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞ほか数多くの賞に輝いた篠原篤。ボケ担当・妻すみれを演じるのは、劇団ユニット「僕たちが好きだった川村紗也」(14)を立ち上げ、自らプロデュース公演を行い、幅広く活躍する川村紗也。浅草スマイルのマネージャー・平田を演じるのは、『野火』(15)で第30回高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した森優作。監督の林隆行は、CM業界からキャリアを積み、ドラマの助監督を経て現職。 感情を揺さぶる演出と一癖ある映像表現が持ち味。脚本の吹上洋佑は監督・林の旧知の友人であり、構成作家としても活躍している。林と吹上は「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」への応募時から組み、本編化に際してもタッグを組んだ。

Story

売れない夫婦漫才師・浅草スマイルのボケ担当・すみれが
交通事故で記憶障害に…。

芸人としての死を恐れた先の決断とは——–

売れない夫婦漫才師・浅草スマイルのボケ担当・すみれ(川村紗也)が、交通事故で記憶障害に。相方であり、夫であるマルオ(篠原篤)は、記憶障害で漫才のネタすらも忘れてしまったすみれと、もう一度舞台に立つことを決意する。

すみれに、手取り足取りゼロからネタを教える日々。そして前途多難な浅草スマイルの漫才は、2人を全力でサポートするマネージャー平田(森優作)の存在もあって、奇跡的にカタチになる。そして迎える、本番当日。記憶障害を乗り越えた2人は、観客から見たこともない爆笑と感動をかっさらう。そこから一気にスターダムにのし上がり、鳴かず飛ばずだった日々が輝き出すのだが…。

芸人としての死を恐れた先の決断に翻弄される、夫婦漫才師の儚く淡い物語。想像を裏切る衝撃の結末に、浅草スマイルの「生き様」が垣間見えてくる——–

Cast

浅草スマイル,篠原篤

篠原篤

しのはらあつし

1983年生まれ。福岡県出身。2015年映画恋人たち』(橋口亮輔監督)に主演し、第39回日本アカデミー賞新人賞ほか、第89回キネマ旬報ベストテン新人男優賞、第30回高崎映画祭優秀新進俳優賞を受賞。近年の作品では、映画菊とギロチン-女相撲とアナキストたち』(18/瀬々敬久監督)、風の電話』(20/諏訪敦彦監督)、#ハンド全力』(20/松居大悟監督)、ドラマ「この世界の片隅に」(18/TBS)、「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(20/CX)などがある。

浅草スマイル,川村紗也

川村紗也

かわむらさや

1986年生まれ。東京都出身。2007年舞台、「恋愛模様」(西田征史脚本・演出)で俳優デビュー。以来映画、舞台、TV等幅広い分野で活躍中。主な出演作に映画『火花』(17)、『来る』(18)、『日日是好日』(18)、『台風家族』(19)、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』(20)、『人数の町』(20)、『朝が来る』(20)、舞台「人間風車」、TVドラマ「黒革の手帖」(17)、「白い巨塔」(19)、CM Pasco「超熟フォカッチャ」(19)、こくみん共済(19)、資生堂「表情プロジェクト」(18)、カメラのキタムラ(19)などがある。

浅草スマイル,森優作

森優作

もりゆうさく

1989年生まれ。大阪府出身。映画『野火』にて第30回高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞。2016 年に連続テレビ小説「べっぴんさん」中西直政役で注目を集める。主な出演作に、映画『地獄少女』(19)、TVドラマ連続テレビ小説「半分、青い。」(18 )、太陽は動かない(20)、舞台「三人姉妹はホントにモスクワに行きたがっているのか?「市ケ尾の坂-伝説の虹の三兄弟-(共に18)、「美しく青く」(19)などに出演。今後の公開待機作に映画『佐々木、イン、マイマイン』(11月27日公開)、『ゾッキ』『花束みたいな恋をした』『騙し絵の牙』(3作共に21年公開)など。

Staff

浅草スマイル,林隆行

監督:林隆行

演出家 / 映像監督。1988年生まれ。京都府出身。2011  () ROBOT 入社。主な作品に、dtv連続オリジナルドラマ「配信ボーイ」(18)、舞台「ラケット」(18)、ドラマ「また会いましたね。」(19)、オーディオドラマ「アレのはなし」(20)など。ドラマや舞台、TV-CM、短編映画、MVなど、人の感情を細やかに紡いでドラマを作ることを得意とし、心揺さぶるエモーショナルな演出と一癖ある映像表現で、幅広く活躍中。また、自主映画や商業映画など表現意欲に溢れ、虎視眈々と準備を進めている。とはいえ、まだ何者でもありません。

浅草スマイル,吹上洋佑

脚本:吹上洋佑

脚本家/構成作家。1988年生まれ。奈良県出身。2017年に『浅草スマイル』で脚本家デビュー。主な作品に、「配信ボーイ」(18)、「ラケット」(18)、「また会いましたね。」(19)、「アレのはなし」(20)など。ドラマや舞台、SNSやラジオなど、幅広いメディアで脚本を手掛ける若手脚本家。番組やお笑いライブの構成作家としても活動しており、物語の構成能力に長け、予測不能のどんでん返しを得意としている。上記以外にも、漫才台本作家やCMプランナーとしての経験から、テンポのいいセリフ劇や、世の中のトレンドを掴んだ企画力が特徴。また、映画業界への提言を雑誌に寄稿するなど、制作意欲にあふれている。

浅草スマイル,クレジット

Amazonプライム・ビデオ他にて2020年11月25日配信開始